食品の持つ様々な効能を知っていますか?

人間の身体の不調の一つの原因に摂取する食品の偏りによる、栄養バランスの乱れがあげられます。特に生活習慣病と言われる糖尿病や高血圧症、心臓病に代表されるように食生活が私達の身体に与える影響は大変大きなものがあります。言いかえればこうした食生活を見直すこと、身体が必要としている栄養素、食品をバランス良く摂取することで食品の持つ効果・効能によって様々な疾病、身体の不調な状態を健康な状態に戻すことも可能となります。

 

「医食同源」-食品の持つ効果・効能を知る-

食品の効能

医食同源は普段の食生活の中でバランスの取れた栄養食品をとることで病気を予防、治療しようとする考え方です。もともとは中国の「薬食同源」思想からきた言葉ですが、現代の医療現場においても積極的にこうした食品の持つ効能を取り入れようとしています。

 

例えば、アトピーや花粉症などのアレルギー性の疾病などは症状を抑える対処療法が治療の中心となっていますが、食生活を中心とした生活習慣を見直すこと(摂取する食品とその組み合わせを見直す)でアレルギーに負けない体質作り・体質改善も併せて行っていこうというものです。

 

日常生活の中でも、無農薬有機栽培野菜の流通や食品添加物・摂取カロリーへの意識の高まりなど食品成分とその効能、健康に対する関心が高まっています。不足しがちな食品の栄養素補給としてサプリメントを食生活に取り入れる人の割合もかなり高くなってきました。こうした消費者意識の高まりから各メーカーもより身体に良い食品の開発やカロリー表示などを積極的に行うようになってきました。

 

一方でまだまだ食品の持つ効果・効能についての知識が普及しているとは言いがたい状況があります。「サプリメントを飲んでいるから○○は食べなくてもいい」と言った本末転倒の状況も残念ながら見受けられます。

 

各食品の成分と効果・効能に対する正しい知識を身につけることは自分の身体の不調の原因に気づいたり改善の手がかりになります。
本サイトがそうした一助になれば幸いです。

スポンサードリンク