更年期障害の症状に効果的な食品と成分

【更年期障害の原因】
更年期障害は閉経が訪れる前後10年に発生すると言われています。これには個人差があり、症状の軽重も人によって異なるのが大きな特徴といえます。通常45〜55歳くらいまでの間に発症するケースが多いようです。

 

更年期に良い食品

ではなぜ更年期障害が発生するのでしょうか。その原因はエストロゲンという女性ホルモンが大きな原因となります。

 

閉経期が近づくとエストロゲンの分泌量が減少し、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。本来エストロゲンの分泌は視床下部の命令によって行われるのですが、卵胞の機能が加齢によって衰えていると充分な量を分泌することができず、ホルモンのバランス全体が崩れてしまうのです。

 

その結果のぼせや冷え性、頭痛、眩暈、うつ症状といったさまざまな厄介な症状があらわれることになります。

 

スポンサードリンク

 

【更年期障害の症状に効果的な食品と成分】
そんな更年期障害は食生活の改善やサプリメントで和らげることができます。もっとも広く知られているのが大豆イソフラボン。

 

エストロゲンと似たような作用を持っている成分で、これを摂取することでエストロゲンの分泌量減少がもたらすホルモンバランスの乱れを和らげることができます。

 

大豆イソフラボンを配合したサプリメントが増えていますが、大豆食品の摂取を心がけることで効果を得ることも可能です。

 

またサプリメントの分野では強壮剤で知られるマカが更年期障害の軽減に役立つことが最近になって知られるようになっています。

 

マカには、ビタミンB群・アミノ酸(ともに疲労回復効果)、カルシウム(イライラを静めホルモン分泌を調整、免疫力を強化)、サポニン(コレステロール・中性脂肪・遊離脂肪酸を減らし、脂質濃度を低下させることで肥満防止)といった栄養素が豊富に含まれています。このようなマカの成分が複合的に結びついて更年期の様々な症状を緩和してくれるのです。

 

ただ一方で人気が高まるにつれて様々なマカサプリメントが登場して珠玉混合の状態となっています。中には成分表示があいまいなものや抽象的なキャッチコピーばかりでほとんど内容表示がされていない商品もあるようです。

 

購入にあたっては

  • 過剰な広告に惑わされることなく成分表示をしっかりと確かめること
  • 疑問があったら問い合わせをして自分の体質にあったものをえらぶこと

が大切になります。

 

スポンサードリンク