アトピー性皮膚炎に効果的な食品と成分

【アトピー性皮膚炎とは】

アトピーに良い食品

アトピー性皮膚炎とはアレルゲン物質との接触によって皮膚の炎症や湿疹といった症状があらわれるものです。

 

その原因は遺伝的なものから生活習慣、間違ったスキンケア、体内に存在する細菌の活動などが挙げられます。

 

症状としてはまず炎症と湿疹が代表的です。

 

炎症は頭部から顔面にかけて発症するケースが多く、その後悪化していくに従い手足へと広がっていきます。

 

また関節部に発症するケースもあります。ほかにも皮膚の表面が極度に乾燥して白い粉が吹いたようになったり、激しい痒みやイボが発症することもあります。

 

スポンサードリンク

 

【アトピー性皮膚炎に効果的な食品と成分】
アトピー性皮膚炎の改善に役立ってくれる食品・成分もあります。

 

アトピー治療に広く使用されている成分がガンマリノレン酸。皮膚の炎症を防ぎ、皮膚組織の正常化を促してくれます。サプリメントで摂取することになります。

 

それから霊芝。これは免疫機能を調節する機能が備わっており、臨床試験でも高い効果があらわれています。健康食品として広く知られているため、さまざまな種類のサプリメントが発売されています。

 

食品で摂取できる成分としてはビタミンCがまず挙げられます。アレルギー症状の原因となるヒスタミンの活動を防ぐ効果を持っています。

 

それからビタミンB6。炎症を防ぐ機能があります。ビタミンCは野菜や果物などに、ビタミンB6は魚や肉類、ニンニクなど多く含まれていますから、日々の食事の中で意識するとよいのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク