不安症克服に効果的な食品と成分

【不安症とは】

不安症に良い食品

人間は誰でも未来に対して不安を抱いているものです。しかしその不安が過剰になってしまった場合もあります。

 

何か新しいことをはじめようとした場合、新しい環境で生活することになった場合、あるいはとくに不安をかきたてるような原因がないにも関わらず未来に対して漠然とした不安を抱えてしまうことになります。

 

その結果、恐怖感やイライラ、過度な緊張といった精神面への症状のほか、頭痛や下痢、動機や発汗といった身体面への症状となって現われる場合もあります。また不安症にも症状によっていくつかの種類に分けられ、社会恐怖や広場恐怖、あるいは対人恐怖症といったものからパニック障害や適応障害、ストレス障害などに分類されます。

 

スポンサードリンク

 

【不安症克服に効果的な食品と成分】
この不安症の治療には認知療法や薬物療法などの方法があります。

 

医師の指導のもとで正しい治療を第一となるわけですが、日々の食事やサプリメントの摂取でも改善できることが明らかになりつつあります。

 

とくに現在注目を集めているのがセントジョーンズワートと呼ばれるハーブです。このハーブには気分を高めるセロトニンという物質を増加させる効果があるといわれ、不安の改善効果が期待されています。

 

それからカルシウム。イライラした時に摂取するとよいと昔から言われているもので、精神の安定をもたらす効果があります。マグネシウムと併せて摂取するとより吸収がよくなります。

 

そのほかにはビタミンB群。脳の神経細胞の活発化させたり、エネルギー変換を促す効果によって不安や恐怖を予防することができます。即効性には欠けますが、日々漠然とした不安に晒されている人は試してみるとよいのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク