味覚障害に効果的な食品と成分

【味覚障害の原因】

味覚障害に良い食品

グルメ関連の情報が注目を集め、さまざまな食品や飲食店が人気を集めている現代社会ですが、その一方では味覚障害の問題も行っています。何を食べても味がよくわからない、味が薄く感じてしまう症状のことです。

 

本来味覚は下の表面にある味蕾という部分によって判定され、脳に送られることになります。

 

しかしここに異常が生じることによって味覚障害が現われるのです。その原因は神経の異常や心因性などが挙げられますが、とくに大きいのが亜鉛不足だと言われています。ミネラルが不足気味といわれる現代社会がもたらす大きな問題といえるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

【味覚障害に効果的な食品と成分】
それだけに味覚障害の対策にはまず亜鉛不足の解消が求められます。日常生活の食事のほか、サプリメントで意識して摂取するようにするとよいでしょう。

 

亜鉛は味覚障害のほかにも精力増強や体内の老廃物を排出する効果も持っているので広く健康対策に欠かせないものです。

 

亜鉛を摂取する際に注意したいのがインスタント食品やファーストフードの食べすぎ。これらの食品にはフィチン酸などの食品添加物が含まれていますが、これが亜鉛の体内への吸収を妨げる働きを持っているのです。せっかく意識して亜鉛を摂取しても充分な効果が得られない可能性があります。

 

亜鉛を含む食品としてはカキ、レバー、うなぎ、牛肉、チーズ、アーモンドなどが挙げられます。1日に必要とされる摂取量は約15r。意識して摂取を試みてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク