口内炎に効果的な食品と成分

【口内炎の原因】

口内炎に良い食品

口内炎は口の内部に発症する炎症のことです。痛みを感じたり、飲食の際にしみてしまうなどの症状があらわれ、日常生活に支障をきたすことがあります。

 

この口内炎は慢性化してしまう場合もあります。それは日常生活の中で口内炎が発症しやすい環境に自らを置いているからです。

 

口内炎の原因としては不衛生な口内、胃腸障害、ストレス、栄養不足などがまず挙げられます。そのほか健康不良、アレルギー、喫煙なども注意すべき原因として挙げられます。まず何が原因で発症しているのかを確認したうえで対策を行わないとすぐにまた再発してしまう恐れがあるのです。

 

スポンサードリンク

 

【口内炎に効果的な食品と成分】
では口内炎の予防に役立つ食品・サプリメントにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず栄養不足によって生じる口内炎について。これは鉄分、亜鉛、リジン、葉酸、ビタミンB12といった成分が不足することによって生じます。ですからこれらの成分を意識して摂取するよう心がけるのが第一です。

 

亜鉛や葉酸、鉄分はレバーに多く含まれています。リジンはアミノ酸の一種で、肉や牛乳、卵、大豆類、マグロなどに含まれています。さんまやしじみ、レバーなどに多く含まれています。これを見るとレバーが口内炎対策に大きく役だってくれそうです。

 

それから炎症を和らげる作用を持った成分。マグネシウムやビタミンB3、ビタミンB5などが効果的です。マグネシウムはアーモンド、ビタミンB3はかつお、マイタケ、大豆、レバーなどに、ビタミンB5はニジマス、タラコ、レバー、アボカド、大豆などに多く含まれています。

 

これらの成分を食生活の中で取り入れることで口内炎の慢性化を防ぐようにしましょう。

 

スポンサードリンク