妊娠初期に必要な食品と成分

【妊娠初期について】

妊娠初期に良い食品

妊娠をすると体調面にさまざまな変化が生じるものです。妊娠初期の場合は体の面で目立った変化は見られませんが、日常生活の中で少しずつ兆候が現われてきます。

 

たとえばホルモンバランスが変化し、睡眠不足や集中力の低下、それから妊娠に対する高揚感、あるいは不安感から精神状態が不安定な状態になりやすくなります。
もちろん、つわりも忘れてはならないでしょう。早い場合には月経が予定日よりも1週間程度遅れた時点から発生し、妊娠11周目くらいまで続くことになります。妊娠中の健康状態を維持するためにはこうした症状をできるだけケアすることが求められます。

 

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-0798963364646554"
data-ad-slot="8670992526"
data-ad-format="auto">

【妊娠初期に必要な食品と成分】
そんな妊娠初期の健康維持をサポートしてくれる成分もあります。まずカルシウム。妊娠するとカルシウム不足になりやすくなります。乳製品などの食事で摂取するのにもよいですし、サプリメントで補うのも効果的でしょう。

 

それから鉄分。妊娠すると鉄分不足に陥り、貧血気味になります。鉄分を補うほか、赤血球を作るビタミンB12や葉酸の摂取も重要です。

 

そのほかビタミンDやA、B1、B2、Eなどもオススメの成分です。ビタミンB1などは食欲がないときに摂取すると効果的です。ビタミンCは鉄分の吸収を促してくれるだけでなく、早産のリスクがあるときに摂取するとそれを予防する効果も期待できます。

 

妊娠中にサプリメントを摂取して大丈夫なのか、と不安を感じる人も多いでしょう。この点に関してはとくに問題はありません。過剰摂取にさえ注意すれば本人だけでなく胎児の発育にも役だってくれることでしょう。

 

スポンサードリンク